看護師の国家試験を受けるまで

看護師国家試験は、看護師の免許を有するための国家試験です。合格率は毎年90%前後で、難易度的に見ても、それほど高度なものではありません。それに、高齢化社会の日本において、看護職は需要の高い職業で、景気が不安定な中でも職を失う可能性がほとんどないため、看護師の資格を取得する人は年々増えています。最近では男性の看護師も増え出していることもあり、毎年4万人以上の人が看護師国家試験を受け、合格しています。しかし、いくら人気があって、試験の難易度も低く、合格率が高いからと言って、簡単に看護師になれるわけではありません。看護師国家資格を有するには、看護師国家試験を受けることができるようになるまでの過程が非常に重要でなのです。看護師国家試験を受験できるようになるまでには、多大なる努力と、日々の積み重ねが非常に大事です。勉強しなければならないことはたくさんありますし、実習などになると、想像を絶する大変さが待っています。いくら試験が簡単で、難易度が低いとはいえ、国家資格なわけですから、大変なのは当たり前ですが、看護師になるには、色んな意味での覚悟が必要になるのです。慢性的な看護師不足からも見て取れるように、毎年多くの看護師が生まれていく中で、看護師という職を全うできずに挫折する人も多いのです。苦労して看護師になったというのに、それ以上にきつい現実があるのでしょうね。看護師試験を受けるまでの過程で苦労する分には仕方ありませんが、いざ看護師になってからの環境を改善しないことには、いくら毎年看護師が多く生まれようと、高齢化社会の波に看護師の需要は追いつかず、人手不足は改善されないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です